2007年07月15日

生え際の後退を抑えたい!

誰か、私を救ってください。いや、私というより、私の生え際を。いやむしろ生え際が私を規定しているとすれば、私を救うことになるのです。やばいです。私の生え際が、一歩一歩。その一歩はすごく小さいのかもしれない。でもその一歩を踏み出すか否かはすごく大きなことなのです。一歩一歩着実に進んでいるのです。そう進んでいる。後ろに。後退しています。私の生え際が後退しているのです。まじです。その進み方はゆっくりかもしれない。でも一歩一歩着実に後退しています。後退し始めたのは、ごく最近。といってもふと気づいたのがごく最近。なかなか気づかなかったのです。ふと朝鏡を見ると・・・「あれ?俺の生え際ここらへんだっけ?そういえばここらへんにあったような気がする・・・」という感じで気づいてしまったのです。友達に相談しても、全然わからないよとは言ってくれたり、全然気にしなくてもいいよ。はげてもかっこいい人いるし。とかいろいろ言葉をかけてくれる人はいますが、なかなか解決策を教えてくれる人がいないのでございます。まあそれはつまり、解決策がないということを言っているのかもしれない。解決策は心の中にあるといってくれた人がいました。生え際の後退をふけたなぁ〜はげたなぁ〜と捕らえるか、生え際が後退したことを男の大人の魅力が増したと捕らえるか、それは周りの反応よりも、自分の心の持ちようです。心の持ちようで、生え際の後退も自分が自分らしく生きる一部と考えられれば、それはすごく幸せなことですよね。
【関連する記事】
posted by はえぎわ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
BANNER
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。